「言語の波の中」の日

いい天気の日は、自転車が気持ちいい。

私はいま日本語学校の事務員として働いており、業務のひとつに「送迎」がある。

空港からバスに乗って近くのバス停に着いた学生を迎えにいく。

今日は短期学生のアメリカ人が来る日。

彼は、カリフォルニア出身で、伊勢エビ漁師であり、画家でもある。

物腰がとても柔らかく、話を聴くと、彼のおばあちゃんは日本人らしい。

「私は25%が日本人です。」という彼の右腕には「安倍」と漢字で彫られていた。

「Abe」というおばあちゃんの名字が、今の彼のミドルネームだ。

直接学校には向かわず、ちょうどうちのボスがシーミーしていたので、お墓にいった。

立派な墓で、ごはんをたくさんいただいた。

夜は、学校で新年度会&歓迎会。

英語と中国語が飛び交う。

周りはみんな英語や中国語がペラペラだ。

以前の私なら、言語が話せない自分に劣等感を抱き、自分自身が嫌いになっていた。

でも、最近気付いた。そのような自己嫌悪の気持ちは、何の進歩もない。

中途半端な英語と中途半端な中国語でもいいじゃないか。

いまはまだ旅の途中。

私は、相手の目をじっと見て、相手が何を話しているのかを一生懸命予想する。

そして、数少ない単語を使って、返事をする。

中途半端だといって自分を責めない。

中途半端は、逆に強みだ。

一生懸命相手のことを理解しようとする真剣な姿勢は、

誰にも負けないからだ。

自分を励まして、そして誓う。

もう少し、言語がんばるぞ。

だって、この人達と、楽しく話したいから。

スポンサーリンク
むねたか広告_01
検索
むねたか広告_01
検索

Share

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
むねたか広告_01
検索